キャバドレスと一言で言っても、大きく分けてロングドレスとミニドレスとがあります。

肌の露出度からその人の雰囲気までガラッと変わってしまうロングドレスとミニドレスですが、この2つはどんな印象を持たれるのか気になる人も多いと思います。

 

そこでここでは、ロングドレスとミニドレスの印象の違いについて紹介していきたいと思います。

 

ロングドレスとミニドレスの印象

ロングドレス:

露出度が減る分、落ち着いた雰囲気を出す。背が高い人のほうが似合い、脚に自信がなかったり、年齢を重ねるとロングドレスを着るようになる。

 

ミニドレス:

露出度が高く、若く元気なイメージになる。身長が低い人でも可愛らしさを演出できたり、最近のキャバ嬢のトレンドとしてミニドレスが主流らしい。

 

客ウケが良いのは断然ミニドレス!

やはり、という結果ですが、客ウケとしてはロングドレスよりミニドレスのほうが断然良いです。

理由は簡単で露出度が高いから。

 

キャバ嬢でミニドレスの方のほうが多いのは単純にお客さんの反応が良いからなんですね。

一方ロングドレスは脚が隠れて露出が減る分お客さんは残念になるそうな。

 

ちなみにキャバ嬢同士の印象は・・・?

新人キャバ嬢の方はわりと「やっぱり最初はミニのほうがいいのかな?」「ロングだと生意気だと思われないかな?」などと心配になることが多いようですが、気にしなくても大丈夫です。

 

今ではキャバ嬢といえばミニドレス!という風潮になりがちですが、ロングドレスのキャバ嬢もたくさんいますし、「脚に自信ないのかな?」程度にしか思いません。

 

ただ、ミニドレスでもロングドレスでも似合っていなければ「おや?」となります。

例えば、背が小さいのならロングドレスよりミニドレスのほうが似合いますし、背が高くスラっとしている人のほうがロングドレスがよく似合います。

 

また、ロングドレスは種類によっては裾が長いものがありますから踏みそうになって邪魔になりがちです。

このように最低限のことを踏まえていればロングドレスだろうとミニドレスだろうと、キャバ嬢同士の印象は大して変わりません。

 

気をつけたいのが肌の露出部分が変わること

今までロングドレスを着ていた人がミニドレスを着るとなると、肌の露出部分が増えます。

その時に注意しておきたいことがお毛けのお手入れ。

 

ロングドレスでもミニドレスでも対応できるように、キャバ嬢は全身脱毛のほうが合っています。

こちらでキャバ嬢に向けたオススメ脱毛サロンをまとめていますので必見です↓

キャバ嬢と脱毛の話をしようじゃないか。